本文へスキップ

校長室より

 

 令和3年度「学校の新しい生活様式」の中で

  小学校での新学習指導要領全面実施となった令和2年度は、様々な制限のある中での教育活動となりました。感染症の収束は未だ見込めないまま、新しい春を迎えました。

  おかげさまで、新入生34名を迎え、173名の児童と教職員で新学期のスタートを切ることができました。一年前は、放送での始業式でしたが、本年度は、若葉の桜に囲まれて、校庭で始業式を行うことができました。感染症の予防には十分配慮し、安全・安心を最優先に、と考えるところですが、昨年度の経験を生かし、工夫をしながら「できることを工夫して」教育活動を進めていきたいと考えております。

「若草物語」で知られる小説家オルコットの言葉に「雲の向こうは、いつも青空。There is always light behind the clouds.」があります。 先ずは、感染症の収束と罹患された方々の回復をお祈りするとともに、日々、最前線での対応が続く医療関係に従事されている皆様、生活を支えてくださるエッセンシャルワーカーの皆様へ感謝を申し上げます。そして、和土小の青空の下、子ども達と保護者、地域の皆様が学校に集える日が一日も早く訪れることを願っております。

保護者、地域の皆様には、引き続き、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

令和3年4月14日
和土小学校 校長  辻美由紀



information

さいたま市立和土小学校

〒339-0033
埼玉県さいたま市岩槻区黒谷1353番地
TEL.048-798-0208
FAX.048-798-8730
wado-e@saitama-city.ed.jp